ブログ全体を修正中です。
※ 読みにくい箇所が多々ありますが、ご了承ください。

eBay輸出での発送ラベル作成にはhirogete.com(広げて)を使おう!使い方はめっちゃ簡単!!

以前の記事では、eBayシッピングツールの使用を推奨しました。
当ブログでも、当コンサルでもそれは同様です。
eBayシッピングツールでは、発送ラベルの発行、印刷から、追跡番号のeBayへのアップまでもが行えてしまう超すぐれものです。
あまりの便利、快適さから一度使ってしまうと、その虜になってしまいます(笑)


そんな超優秀なツールである、eBay Shipping Toolです。
しかし、2019年に入ってからというもの、eBayシッピングツールのエラーが顕著に現れ始めました。(以前からおかしな挙動をすることは多々ありましたが)

そんな中で、eBayシッピングツールの代替えともなりそうな、

hirogete.com(広げて)

というサービスを紹介します。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 初コメです。
    私もhirogeteを使っていますが、1g単位での入力ができず、重さも四捨五入されてしまうため、
    例えばeパケットで152gだったとしても、150gと表示され、料金が変わってしまいます。155gで入力すると160gとなり、かなりの誤差が出てしまいます。私が持っていく郵便局では、毎回重さを修正されてしまい、とても時間がかかっています。何かいい情報はありませんか?

    • NA NA 様

      ブログの閲覧ありがとうございます。
      そうですね、hirogeteは、まだまだそういうところの微調整が効くように頑張ってもらいたいですね。
      ですが、私の場合は、今のところそれで困っていることはありません。
      eパケットで152gだったとして、150gと表示されるのであれば、はじめからhirogeteの重量の入力に0.16kgと入力されれば問題はないのかなと思います。
      郵便局では、確かに近頃重量に関して厳しくなりましたが、若干重い方に数値が記載されていても問題はないかと思いますよ。
      それは、各々の郵便局で違ってくるとは思いますが、、、
      しかし、郵便料金の金額が変わるときには注意が必要ですね。
      例)eパケット 100g と 150g のように金額がかわるときです。

      少し微妙な感じですが、回答とさせていただきます。
      頑張っていきましょう!!!

コメントする

目次
閉じる