ブログ全体を修正中です。※ 読みにくい箇所が多々ありますが、ご了承ください。

【eBay輸出】再出品の効果的な方法を紹介! Sell similar と Relist はこう使い分けよう!

連日続いていた近所の家の取り壊しがようやく終了して、再び揺れのない生活を味わっている 野中 です。
いやー!!!
揺れないっていいですね。
騒音もなくなったので、平和そのものです。

さて今日は、eBay輸出を行っていると、誰もが経験する、「再出品」について紹介していきます。
eBayでは、Sell similarRelist という2種類の再出品の方法があります。
それぞれのメリットや使い分け方を攻略していきましょう!!!

目次

【eBay輸出】再出品の効果的な方法を紹介! Sell similar と Relist はこう使い分けよう

まず、それぞれの再出品方法について理解をしていきましょう。

  • Sell similar
  • Relist

eBayの再出品方法 ① Sell similar

Sell similar とは、直訳すると、「類似品の販売」ということになります。

Sell similar から再出品を行うと、類似品の新規出品となり、純粋な再出品とは意味合いが違ってきます。
Sell similarで再出品した商品は、新規出品(New listing)の扱いで出品されることになります。

eBayの再出品方法 ② Relist

Relist は文字通り、「再出品」ということになります。

Relist から再出品を行うと、その商品をウォッチに入れていたバイヤーさんに通知が行くような仕組みがあります。
また、ウォッチを引き継ぐこともできます。

eBay再出品の Sell similar と Relist の効果的な使い分け

では、この2つの再出品方法ですが、どの様に使い分けるのが効果的になってくるかを紹介していきます。
単純ですので、必ず覚えていきましょう。

Sell similar で再出品するべき場合

  • ウォッチがついていない商品
  • 売れなかった商品

Relist で再出品するべき場合

  • ウォッチがついている商品
  • 売れた実績のある商品

ウォッチの有無、購入状況によって Sell similar と Relist を適宜選んでいきましょう。

選択する力を賢く使いなさい。
憎むより、愛することを選びなさい。
泣くより、笑うことを選びなさい。
破壊するより、創造することを選びなさい。
諦めるより、忍耐することを選びなさい。

オグ・マンディーノ

コメント

コメントする

目次
閉じる