MENU
ブログ全体を修正中です。※ 読みにくい箇所が多々ありますが、ご了承ください。

ネットバンクがメガバンクや地方銀行よりもおすすめ!上手に使い分けよう!

2020 7/03
ネットバンクがメガバンクや地方銀行よりもおすすめ!上手に使い分けよう!

何も考えないで、銀行の口座を開設していませんか?
何も考えないで、メガバンクや地方銀行を使い続けていませんか?
何も考えないで、メガバンクや地方銀行に手数料をたくさん払っていませんか?

それって、本当に、、、

しています。

この記事では、メガバンクや地方銀行の口座よりも、ネット銀行(ネットバンク)の口座を開設し、使用するメリットをお伝えしていきます。

ネット銀行(ネットバンク)のほうが、ATM手数料や振込手数料といった『手数料』が無料であったり、定期預金の金利も高かったりします。
サービス態勢は、メガバンクとさほど変わらないのに、ネット銀行(ネットバンク)のほうが、口座開設後の日常生活で少しずつかかってくる手数料が、断然安くすみます。

ネット銀行(ネットバンク)の方が、『お得』といって間違いないでしょう。

ただ、なんとなくネット銀行ってあやしい、ネット銀行って心配って思われる方も少なくないと思います。
少しでもその不安を解消できたらと思います。
そして、ネット銀行とメガバンクの口座をうまく使い分けて、損を最小限に抑えた生活をおくれるようにしていきましょう。

目次

銀行の種類

多くの方は、なんの疑いもなく今使用されている銀行に口座を開設されたと思います。
私自身も、以前はそうでした。
駅の近くに、埼玉りそな銀行の支店があったので、何も考えずに口座を開設し、その後も何も考えずに、預金したり、手数料を払ってお金を引き出したり、振り込みをしたりしていました。

しかし、『お金』ということを学び始めてからは、何も考えずに行動することに疑問を持ち始めました。
すると、日常の些細なことで、損をしていることが非常に多いことに気が付きました。
銀行の口座はその中でもいい例だと思います。

銀行といって、ひとくくりにしてしまうと違いはありませんが、実際には銀行にも種類があります。
大きく分けて、4種類に分類することができます。

・大手銀行(メガバンク)
・地方銀行
・信用金庫、信用組合、労働金庫、JAバンク
・ネット銀行(ネットバンク)

大手銀行(メガバンク)

文字通り、大手の銀行です。メガバンクと言われることが多いです。
具体的な銀行名をあげると、以下の通りです。

・三菱UFJ銀行
・みずほ銀行
・ゆうちょ銀行

地方銀行

主に、地域の名前がついた銀行です。
具体的な銀行名をあげると、以下の通りです。

・りそな銀行
・横浜銀行
・千葉銀行

信用金庫、信用組合、労働金庫、JAバンク

具体的な銀行名をあげると、以下の通りです。

・JAバンク
・信金中央金庫
・西武信用金庫
・農林中央金庫

ネット銀行(ネットバンク)

具体的な銀行名をあげると、以下の通りです。

・楽天銀行
・ソニー銀行
・住信SBIネット銀行
・新生銀行
・じぶん銀行
・イオン銀行

以前は、私も銀行はどれも同じだと思っていましたし、銀行に種類があるなんて全く思ってもいませんでした。

銀行を使用する目的

私も含め多くの方が銀行を使用する主な目的は、以下の通りだと思います。

・貯金
・振込
・引出し
・公共料金の引き落とし
・お金を借りる
・投資

ネットバンクのメリット

ネット銀行(ネットバンク)とは

ネット銀行とは、インターネット専業銀行であり、営業最小限必要な店舗のみを有し、インターネットや電話などの通信端末を取引の中心とする銀行です。
基本的には、インターネット上でのみサービスの提供を行う銀行になります。

ネット銀行メリット

ネット銀行のメリットは、振込手数料、出金手数料が安いことです。
また、24時間いつでも振込、出金することができます。
基本的に、スマホやパソコンなどから振込などの手続きが可能であり、そのサイトやアプリは非常に使い勝手がいいです。
また、証券口座との相性も抜群です。
さらに、預金の金利もメガバンクや地方銀行と比べると高いです。

・手数料が安い
・24時間振り込み、出金が可能
・サイトやアプリは使い勝手がいい
・証券口座との相性抜群
・預金金利が高い

ネット銀行デメリット

メリット満載のネット銀行にもデメリットはあります。

・実店舗がない
・IDやパスワードを忘れると利用できない
・税金や口座引き落としに対応していないこともまれにある

このようにデメリットもあげられますが、みなさんは銀行の実店舗へ足を運んだことは直近の1年間で何回ありますか?
多くの方は、ほとんど銀行の窓口へ行くことはないのではないでしょうか?
つまり、この実店舗がないというデメリットは、ほとんどデメリットにならない場合が多いです。

そして、IDやパスワードを忘れると利用できないというのも、実際にメガバンクの口座でも同様のことが言えるので、ネット銀行だけのデメリットとして捉えるのは難しいです。

実際に、ネット銀行のデメリットというのは、税金や口座引き落としに対応していないこともまれにあることぐらいだと思います。
しかし、これもネット銀行の周知、普及によって日々改善が進められているので、次第にデメリットではなくなって行くはずです。

総合的に、どうでしょう?

ネット銀行のデメリットらしいデメリットを見つけるのが難しいですよね!?

普段使いにはネットバンクが圧倒的におすすめ

こうしてみると、現状ではネット銀行のデメリットが、ほぼないのがわかりますね。
通常、私を含め多くの方が、銀行を利用するのは、預金や出金、振込や引き落としなどです。
この際にかかってくる手数料は、メガバンクや地方銀行よりも圧倒的にネットバンクのほうが安いですし、無料であることも少なくはありません。

それなのに、普段使いの銀行にまだメガバンクや地方銀行を使用する理由ってありますか?

普段使いには、ネット銀行のほうがお得といって間違いないでしょう。
今のご自身の銀行口座を、ネット銀行口座に引っ越しして、手数料を払い続ける生活から抜け出しましょう。

メガバンクとネットバンクの上手な使い分け

普段使いには、ネット銀行が圧倒的におすすめでした。
しかし、メガバンクや地方銀行にも良さはあります。
それは、事業用の資金の融資を受ける場合などです。
以下、上手な使い分けを例として紹介します。

ネット銀行(ネットバンク)

・日常的な使用(入出金)
・振込
・事業用の融資はダメ

メガバンク(大手銀行)

・ネット銀行で対応していない公共料金の引き落とし
・大規模な事業用の融資(金利が安いため)

地方銀行

・中規模の事業用の融資(金利はメガバンクよりも高め)

信用金庫

・小規模の事業用の融資(地方銀行よりも金利は高め)

つまり、起業したり、事業を行っていない限りは、ネット銀行で十分だということがわかります。
逆に、起業されている方や事業を行っている方は、メガバンクや地方銀行、信用金庫などで事業用の真菌の融資を受け、日常的な銀行の使用は、ネット銀行にするなど、上手に使い分けることによって、それぞれのメリットを享受することが可能になります。

【まとめ】ネットバンクがメガバンクや地方銀行よりもおすすめ

・現状の保有口座を確認する
・銀行の使用用途を確認する
・ネット銀行に口座を作る
・普段使いにはネット銀行を使用する

事業用の融資を受ける必要がない場合には、圧倒的にネット銀行がおすすめです。

ぜひ、この機会にネット銀行の口座を開設して、無駄な手数料を払い続ける生活から抜け出しましょう。

人が創り出した世界は、私達の思考のプロセスだ。
だから、私達の考え方を変えない限り、
改善していくことなんてできない。

アルベルト・アインシュタイン

コメント

コメントする

目次
閉じる