1. TOP
  2. 日記
  3. 製造業はオワコン? AIとロボット導入にみる製造業の未来は?

製造業はオワコン? AIとロボット導入にみる製造業の未来は?

diary005

今日は、本業の製造業の話題をお伝えします。

製造業をやられている方は、ISO をご存知のかたもたくさんいらっしゃると思います。

今日は、ISO の更新審査の日です。

まあ、毎回正直面倒くさいですね。。。

ISO とは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)のことです。

つまり、国際間でスムースに取引が行えるよう共通の基準を定めている機関のことです。

ISO の中には品質や環境をメインテーマにしている規格があります。

今回は、ISO9001の品質の規格の審査になります。

 

ご存知の方には、ご理解いただけると思いますが、、、

あれって正直、面倒くさくないですか?(汗)

私は、本業の会社の役員でもなければ、経営者でもないので、その ISO という仕組み自体に否定的です。

というのも、会社側がISOの審査機関にお金を払い審査してもらい、認証をもらうシステムです。

これってそもそもおかしいと思いませんか?

だって、買い手の審査を売り手がするんですよ

もちろん、はなっから受かるに決まってますよね?

審査不合格にしたら、お客が減ってしまうんですよ。

おもしろいと思いませんか?

 

しかも、ISO があるからこの会社は優秀な会社だよっていうわけにはなりません。

売買関係の成立があるミシェランみたいな感じです。

 

まあ、会社に損害を与えないよう審査はなんとか切り抜けようと思います。

後日、結果をアップしますね。

 

話題を変えますが、近年AIやロボット、IoTの影響で製造業が大きく変わることが予想されています。

そのことについて、私なりの意見を述べたいと思います。

 

製造業でのロボットの導入はここまで来ている

 

みさんは産業ロボットと聞いて何をイメージされますか?

こんな感じですよね?

diary005_1

日本国内にとどまらず、世界中でこのような産業ロボットの導入が非常にハイスピードで進んでいます。

特に、大企業や資本力のある企業はこういった産業ロボットの導入を早い段階からはじめていました。

 

私のような地方の零細企業ではまだ導入されていませんが、近隣の少し大きな会社であれば導入している会社がほとんどです。

 

ということは、いずれもっと多くの会社に導入されるようになることは明白ですね。

するとどうなりますか?

 

そうです。

人員の削減が会社内で起こるようになります。

 

近い将来、私の会社も生き残っていればですが、ロボットの導入を本格的に行わなくてはいけなくなる時期が来ると思います。

職人の方のように、誰でもできるわけではない仕事をされている方は、その技術を駆使し生き残っていけると思いますが、私の会社のように、どこの会社でもできるような仕事しかやっていない会社は、やはり淘汰されていくか、はたまたロボットを導入するかでしか生き残れない時代がやってくるはずです。

そうなったときに、みなさんは今のご自身の職を守ることができますか?

 

私は、もともと機械が好きな人間ですので、ロボットの導入には超大賛成です。

はっきり言って、ロボットは優秀です。

セッティングやメンテナンスを間違えさえしなければ、不良は作りませんし、同じものが同じように作られていきます。

まして、暑い、寒い、眠い、疲れたなどは言わず、黙々と作業をしてくれます。

 

しかし、問題になることもあります。

 

製造業では考えることのできない社員は不要になる?

 

まさにこれが問題です。

私のような、低賃金によるコストの低さが売りの企業では、作業者は産業ロボットに取って代わられ、働き場をなくす人も出てくるはずです。

製造業だけの話ではないと思います。

例えば、自動運転とロボットやドローンなどが融合してくれば、運送や配送といった職もそれらに取って代わられるようになるはずです。

 

私の会社のような企業が生き残っていく道は、、、

と考えると不安が出てきますね。

幸い現状、私には副業があるので、なんとか食べていくことは可能です。

 

みなさんにも、自身でお金を作り出せる技術の習得をオススメします。

収入源を複数持てば安心感も生まれますし、がんばれます!

 

しかし、部下のことや同僚のことが心配ですし、私の副業だっていつダメになるかもわかりません。

なので、、、

常に考えること、情報に触れることを大切にし、産業ロボットとうまく共存できる環境を作れるように日々精進したいものですね。

 

機械との融合、、、

個人的はワクワクします。

 

最近ネットニュースで見たんですが、、、

AIの進化ってハンパないですよね!?

 

 

製造業以外ではAIがかなり導入されている

 

地方にいるせいか、製造業でのAI(人工知能)の導入というものを耳にしていませんが、他の業種ではAIがかなり導入されているようですね。

 

大手銀行は、コールセンターにAIを導入し、オペレーターの会話解析から答えを表示し、オペレーターのサポートをおこなっています。

株式のトレードなどにも活用されていたりします。

また、AIによるマッチングで転職サイトやECサイトの運営会社も活用していたりします。

サウジアラビアでは、AIに市民権も与えられています。

 

このように各業界それぞれにAIの活用方法は違えど、上手にAIを導入し、人とAIが共存できる方法を考えているあたりは、すごいと思います。

 

子供の頃の夢物語が本当の現実になりそうでワクワクしますね。

 

賛否はあると思いますが、、、

 

幸せな人生の秘訣とは 変化を喜んで受け入れること

ジェームズ・スチュワート

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

NONALOGの注目記事を受け取ろう

diary005

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

NONALOGの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 脱カフェイン10日終了!効果のほどは?

  • 副業の個別対面コンサルタントの日

  • eBay輸出でネガティブフィードバックをもらったときの評価変更訂正依頼方法

  • eBay輸出セラー必読!2018夏のセラーアップデート

  • 脱カフェイン3日目。眠気MAX!これが離脱症状?

  • 無印良品アルミ丸軸万年筆はコスパ最高!ペリカンのコンバーターへの改造でインクカートリッジ不要!